2005年11月25日

冨田が優勝!

冨田が優勝した〜〜〜〜!
世界体操、個人総合優勝。
ほんまにうれしい。
冨田選手、おめでとう〜〜〜!
posted by かえで at 02:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

そうそう!

明日から体操の世界選手権、テレビ放送!
ほんとは現地に応援に行きたかったけど・・
なんと、冨田が予選を1位で突破!2位水鳥!めっちゃすごい!ほんまに嬉しい〜〜〜。種目別もあわせると、山田、鹿島、関口と全員が予選突破!信じてたけど、嬉しい。

みなさん、あんまり知らないかとは思いますが、
今回は、
最後の10点満点の世界大会なんです。

今後は、10点満点じゃなくなるってまだ実感がわかへんけど、、、
とにかく、世界体操、応援よろしくお願いしますexclamation

冨田がつり輪で予選突破ならなかったのが残念やなー・・でも。
posted by かえで at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿部サダヲ

そうそう。
阿部サダヲってけっこう好きかも・・・
と、最近思った。
目が。

私の中では、ミッチーと同じ仲間の目。
ミッチーは目と頭の回転速そうなところが好きなんやけど、阿部サダヲもたぶん頭がいいと思う。あんまり知らないけど・・・なんとなくそう思うだけやけど。

阿部サダヲがボーカルのグループ魂。ギターはクドカン。クドカンってすごい。ギターも弾けるなんて。
posted by かえで at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いいこと

今日は、めちゃくちゃいいことがあった・・・
うれしい。
明日からまたがんばろうっと。

posted by かえで at 00:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

熱その2

まーの熱はまだ下がらない。それなりに元気ではあるけど・・・

まーはピアノを習ってるんやけど、本人はいやでいやで仕方なく、早くやめたがっている。けど、大きくなったら、ピアノというか音楽をやってて楽器が弾けるってことはいいことやと思うと思うんやけどなー。でも、そんなこと子どもにはわからんよな・・

5歳からならってて、まあいまいち本人にやる気がないのでスピードは遅いかもしれんけど、今ではけっこう難しい曲を弾くようになった。あれって、ちゃんと両手で違う動きができるようになるねんなあ。5歳からなんで、絶対音感というのもないけど、でも、ピアノの音を聞いて、それがなんの音かはけっこう答えられる。人間、練習を積み重ねればいろんなことができるようになるねんなー。すごいもんやなー。

で、私の願いは、スピッツの曲を弾いてくれるようになること。簡単なスピッツのピアノの楽譜集を買ってあるんやけど、いまのとこ、まったくやる気なし。練習であれだけの曲を弾いてたら、その本にのってるのくらい絶対弾けそうに思うけど、本人にやる気がないので、楽譜は全く日の目を見ない。そのうち、1曲くらい弾いてくれへんやろか・・・

今日は、Zepp福岡でのライブ。
福岡では、というか九州では?、けっこう方言でしゃべってはるらしい。うらやましい・・大阪でも一回だけ博多弁??がでてたけど。金魚がフナの改良って話で「それであげな形しとるん」みたいな・・・よく覚えてないけど。聞きたいなー。職場で福岡の人がいて、ときどき博多弁が混じるときにときめいてしまう黒ハート そうそう、福岡のことばって、女の子がしゃべるとめっちゃかわいいんよね。
posted by かえで at 01:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

まーが熱を出して寝てます。
急に寒くなってきたからなあー。
草野さんのノド、今度は大丈夫だといいなと思うけど、自分もノドが弱いからいくら気をつけててもやられるときはやられるっていうのはすごくよくわかる。そもそもボーカルで酷使してるんだし・・。後半は調子よくいくといいなー。

posted by かえで at 00:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

田村邸

オフィシャルサイトの田村邸がひっさびさに更新されている!田村さんって、けっこう家族ネタが多い。幸せそう。こういうオフィシャルなところで家族の話をするっていうのは、家族のことをとても愛してるんやろなーと思う。

ライブ中、結婚してる3人を見ながらよく思うこと。テツヤさんもお父さんなんやなー。こんなかっこいいパパ、いいなあー。普段どんな感じなんかなー。とか。家族がライブ見に来られたりすることもけっこうあるらしい。それって、いい感じ。

MCでテツヤさんが「イチゴ狩りに行った」という話をしたときには、家族で行ったんやなーと思ったものだった。あの髪で、イチゴ狩り!かっこよすぎる。普段はどんな格好してはるんやろ。世の中には、テツヤさんとか田村さんとか崎ちゃんの家族の隣に住んでたり、幼稚園が一緒だったり、犬の散歩コースで出会ったり、そういう人たちがいるんよなー。きなこの友達犬とか。←きなこっていうのは、崎山さんの犬。

スピッツは今九州シリーズです。鹿児島って一度行ってみたいところ。鹿児島は行ったことないけど、なんか色々縁があるので。スピッツのライブで全国まわれたら幸せやろうなー。




posted by かえで at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スピッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

High and dry (はつ恋)

よしもとばななの「High and dry (はつ恋)」を初めて読んだ。めちゃくちゃよかった。なんでもっと早く読まへんかったんやろー。

よしもとばななの小説に出てくる男の子は素敵で、なんでかって思うと、「人に対して丁寧」だからなような。この小説のキュウくんというのは、基本的にすごくいい人なんやけど、自分のダメなところもわかっていて、でも自分にまじめに生きようとしてて、そして夕子ちゃんに対して、接し方が決していいかげんでなく、正直で、とても丁寧。そこがとても好きな感じ。

そして、別に似てるわけでも共通点があるわけでもないはずなんやけど、読んでいて時々草野さんを思い出した。セリフとか、表情とかに。

前によしもとばななのエッセイかなんかで、スピッツのことが書いてあって、随分前のものだったと思うけど、「草野さんは自分の小説の世界をわかってくれそうな気がする」というようなことが書いてあった。あれ、どの本やったかな・・・それ以来、ばななさんがそのことを確かめる機会があったのかどうか知りたいなーと思う。ばななさんのHPの質問コーナーに投稿してみようかとも思うけど、あの質問コーナーにとりあげてもらうには、一体どれくらいの倍率を突破しなあかんのかな。
posted by かえで at 23:56| Comment(3) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

歌詞とばし

そういえば大阪厚生年金1日目は歌詞間違いはあったものの(あったと思うねんけど、なんの曲やっけな・・)、歌詞とばしはなかった。もはや、歌詞とばしのないライブが物足りなく感じるのは私だけではないはず。歌詞忘れたときの草野さんと、その後、なんとか歌いだしたときの表情が、なんかスペシャルなものを見ました、って感じなので。草野さんには申し訳ないけど、けっこう歌詞とばしを心待ちにしてるねんなー。2日目ではワタリですっとばしたらしい。見たかった〜〜るんるん

posted by かえで at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スピッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピッツ占い

スピッツ占いというのをやってみた。
つまり、スピッツのメンバーの誰と同じタイプかというのを占ってくれるらしい。
やってみたら、テツヤさんやった。
 ↓
テツヤさんのあなたは、面倒見の良い親分肌。仲間を大切にしますが、一方、人間の本質的な孤独も知っています。どこか寂しげな影があるのはそのせい。人を信じやすいので、だまされることもありますが、それに対しても、最終的には許してしまいます。臆病な部分もあるのですが、いざとなると新しい環境に飛び込んでいく、思い切りの良さがあります。

テツヤさんは確かに「人間の本質的な孤独を知っている」って感じがするなあ。きっとそういう人だと思う。

ちなみに、まーは田村さん。

たむたむのあなたは、独特の雰囲気を持った、あじわいのある人です。普通っぽさの中に、主張は強くはないけれどきらめく個性があって、何かわからないけれど不思議に人を惹きつける部分があります。何かを悩んだりしなさそうに思われがちですが、本当は結構考えすぎてしまいがちです。いったん自分の世界にはいってしまうと、ノリにノってしまうところがあなたのいいところであり、悪いところでもあります。センスがいいので、芸術的な分野で認められる可能性があります。

「いったん自分の世界にはいってしまうと、ノリにノってしまうところがあなたのいいところであり、悪いところでもあります。」おかしい〜。ライブ中のたむたむそのもの。けど、独特の雰囲気をもったあじわいのある人、というのは言えてるなー。

マサムネさんだと、どう書いてあるんかな。あと、崎ちゃんは。
posted by かえで at 16:59| Comment(4) | TrackBack(0) | スピッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまったれ 厚生年金

11月7日のライブの感想をもう少し。

まったりタイムというか、途中、マサムネさんがギターなしで、ハンドマイクで歌を歌うところがあって、ひとつは「優しくなりたいな」。もう一曲は「会いにいくよ」。これがもう、なんというか、この間も書いたけど「マサムネさんの声が全て」としかいいようがない。マサムネさんの声はほんとにその存在自体が奇跡だなあーとあらためて思った。その声を聴いているだけで感動するというか、「こんな声の人がいるなんてすごいなあー」とひたすら聴き入ってた。ずっとずっと聴いてたかった。私ってほんまに声に対して執着があるような・・

あと、とおして言うと・・・
「白い炎」ライブで聴くとすごいよかった。今まであんまり印象に残ってない曲やってんけど、かっこよかったです。「ほのほ」はやっぱり、かんなりかっこいい。赤いライトの中の4人とあの曲のスピード感と。そうそう、「夜を駆ける」は、双六のときは「ライブよりCDの方が断然いいなあ〜」なんて思っててんけど、今回はかなり好きな感じやった。まあ、あの疾走感みたいなものはCDで聴くほうがよく表現されてるかなと思うけど、ライブ独特の少し違ったよさがありました。「けもの道」は相変わらず大好き。今回もこの曲に励ましをもらったし。「メモリーズ・カスタム」最高!「みそか」はやっと聴けたっていう感じ。この曲のメロディも歌詞もすごい好きなので。そして「君と暮らせたら」よかった〜〜〜。

残念なのは、「ありふれた人生」が後半では入ってないこと・・・前半、運悪く?一度もあたらなかった。「スーベニア」では一番、一番聴きたい曲だったのに・・・けど、またどっかで聴けるときがあるでしょうと思っておこう・・

MCは、崎ちゃんが阪神のパレードに行って、思わず「金本ぉ〜!」とか叫んだっていうのがおもしろかった〜。まわりの人はまさかそれがスピッツのドラムなんて思ってなくて、普通の地元ファンだと思ってたんやろなあ〜(崎ちゃんみたいな人、普通にいそうやし)。あんなにスゴイ人やのにね。

あと、テツヤさんが話してた、大阪で歩いてたら学生に間違えられたって話。実はスピッツのメンバーをホントに見かけたことのある私としては、それはものすごーくわかる。最初、私も大学生のサークルかなんかのメンバーが集まってるのかと思ったもん。それまで、「例えば街で見かけたとして、いくらなんでもテツヤさんはわかるやろ」って自分でも思ってたけど、これが、そのときはわからんかったんやなー。

そんな、とっても普通に見える、有名人オーラを出してないスピッツのメンバーは、だけど、ほんとに一人一人が唯一無二の存在で、この4人が集まって私たちに音楽を届けてくれるっていうことは奇跡としかいいようがない、と思ってます。スピッツの4人に幸せがたくさんたくさん訪れますようにぴかぴか(新しい)
posted by かえで at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | スピッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

クージー

クージー。スピッツのサポートでキーボード担当。
私はクージーが好き。
なんかかっこいいし、おしゃれやし、かわいいし、
草野さんがクージーが入ったおかげでアレンジが広がったみたいなこと
言ってたし、コーラスの声が草野さんとすごくあってるし。
草野さんとクージーがつきあってる説とかも聞いたことあるけど、
それがほんまかどうか知らんけど、そうやったらいいなとさえ思う。
なんか似合ってる感じ。
クージーにファンレター(ちょっと懐かしい響き?)書こうかなー。
けど、どこに送ったらいいんやろ?
ライブにいったときにスタッフにお願いしたら渡してくれるかな・・・
posted by かえで at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | スピッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

あまったれ後半行ってきました

行ってきました。あまったれ後半@大阪厚生年金会館。

なにはさておいても、なんと。
俺すべでマサムネさんとタッチした〜〜〜〜〜〜!!

しかも、指先が触れたとかじゃなかよ(←なりきり博多弁)。ほんとに手のひらと手のひらでばっちりタッチ。草野さんの指輪をはめた右手のひらが目の前にあったのが、今もはっきり思い出される。その手は少し汗ばんでいて、あったかかったです。ま、一瞬やったけど・・・

これまで3階席から始まって、少しずつ前へ。あまったれ前半では、ピックをゲット。そして俺すべでの手タッチがここにきて実現しようとは。これで、しばらくはがんばれます。うれしい・・思えば2年前?あれ、3年前?ものすごく悲しいことを、スピッツの歌を繰り返し聴いて乗り越えたこともあった。そうじゃなければスピッツがここまで自分にとって大切な、大きなものにはなっていなかったかも。そのときも今も、私にとっては支えであり、特別な存在です。こんなにすばらしい歌を次から次へと作る草野さんは、本当に100年か1000年に1人の天才だと思ってます。

さて、ライブですが、よかった・・・後半のセットリストはなんというか、まったり感がやや強め、後半盛り上がりは新しい。でも一番よかったのは、まったりタイムかなあ・・・実は、ここはあんまり期待してなかったんやけど、めちゃくちゃよかった。草野さんの声の調子もよかったんやと思うけど、「草野さんの声がすべて」という2曲でした。いつまでも聴いてたかったなー。ほんとに草野さんの声は奇跡。

あと、8823はもう入ってなくてもいいよ、と思ってたけど、なかったらなかったでさびしいような。感想は色々ありますが、明日も仕事なんでまたにしよ・・・

そうそう、草野さんの目からウロコシリーズ。
1)カニクリームコロッケは凍らせて揚げる(最近知ったらしい)
2)金魚はフナの仲間(これは、魚大好きなまーのおかげで私も知っていた)
3)カントリーマアムのしっとり感はあんこ(知らんかった!!!会場もどよめき)

さて、いくつ知ってました?

posted by かえで at 00:55| Comment(8) | TrackBack(0) | スピッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。