2006年06月26日

ビストロ

ビストロに綾瀬はるかが出ていた。びっくりの天然ぶり。
まーが「あ、セカチューに出てた人やん!」と言って一緒に見ていたが(明日、まーは学校が休み)、そのうち・・・「この人、演技がうまいだけで、普段は大変なんやな・・」と言ったのが笑えた。


早く「魔法のコトバ」が聴きたいです。

posted by かえで at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

ひっそりと

世の中サッカーのワールドカップで盛り上がってたけど、そのかげでひっそりと体操の世界選手権2次予選があったことを一体どのくらいの人が知ってるんだろうか。私にとっては、そっちのほうがよっぽどか重要だった。観に行きたかったな。体操って生で見るとそのすごさがほんとにわかる。空を切る身体、音、着地の瞬間、、、

そうそう、ほぼ日で刈屋アナウンサーのインタビューをやってる。もう読むだけで泣ける。アテネを思い出して。刈屋さんの実況はほんとにすばらしかった。

すばらしさその1)
あのとき、「冨田が冨田であることを証明すれば、日本は勝ちます」って刈屋さんは言いました。私はまずその言葉に感動した。というのも、それは体操ファンなら全員が納得する、そのとおりの状況やったから。あのときの点差はまさに冨田が普通に演技すれば絶対に勝てる点差で、それをそういうコトバで実況した刈屋さんのすごさ。あのとき、冨田の演技を知る者はみな、冨田なら勝てる、と思っていて、だから刈屋さんのその言葉にどれだけ勇気付けられたことか・・・あの一言。今考えてもすばらしい実況でした・・・

すばらしさその2)
「小西さん、どうぞ泣いてください」
このコトバで号泣したのは私だけではないはず。ほんとに金メダルが取れたっていうあの瞬間、嬉しいのと感動したのと、これまでの選手のことを思い出したりとかしてテレビの前で泣きながら見てたところへ、この一言。もうこれで号泣したね・・・小西さん、どうぞ泣いてください。解説できなくてもいいですから、って私も思ったもんなあ・・・刈屋さんは目の前で小西さんが泣いて言葉をつまらせているのを見て、テレビを見ている人には小西さんが泣いていてしゃべれないとはわからない、だからその状況を伝えるためにこう言ったって語ってました。まさにこれこそが実況。ほぼ日の永田さんは「栄光への架橋」よりもこっちの方が印象に残ってるって言ってたけど、同感ですもうやだ〜(悲しい顔)

刈屋アナウンサー、本当にすばらしい実況をされる方です。
posted by かえで at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

山田孝之って・・

歌、うまいねんなあ〜。知らんかった。
声がいいから歌もうまそうと思ってたけど、、、お姉さんも歌手やからもともと歌がうまいのか。ほんまにいい声だと思う。

セカチューを全部見ました。
こういう役はいまいち、みたいなことを書いたけどちょっと訂正。セカチューは前半より、後半なのだった。。。亜紀が弱っていくあたりからの演技は圧巻。最後の方、ずっと泣きっぱなしで見た。表情の演技が飛びぬけてうまい。あとナレーション。

もっと明るい役がいいのになあとはやっぱり思うけど、セカチューのサクみたいなこういう役、演技ができるのは山田孝之だからこそ、なのかも。だから今度のドラマもまた・・・。セカチュー・・森山未来はどうだったんだろうか。
posted by かえで at 01:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嫌われ松子

今日は昼過ぎまで仕事で、夕方「嫌われ松子の一生」を見てきた。
瑛太が出てるから、という動機で観に行き、瑛太が出てなかったら見なかっただろうという感想だった・・・
終わったときに、後ろの男の人が「疲れる映画やったなあ〜」って言ってはったけど、まさにそんな感じやった。展開が早いし、独特の色使いで、独特の表現で、ストーリーも・・・ただ中谷美紀はきれいやな〜ってことと、瑛太はやっぱり演技がうまいな〜っていうのをずっと思っていた、という感じ。ああ、あと、キャストがすごいんやけど、終わりのエンドロール見てて「え〜この人どこで出てた〜?」と思うのがいっぱいあったのが印象的ではあった。いまいち入魂せずに見てたせいかもしれんけど、、、

でも私はやっぱり単館系の映画の方が好きやなー。
最近見たなかでは、「好きだ、」と「かもめ食堂」がすごくよかったし、あと「花よりもなほ」。これは大々的に公開されてるか・・・けど、ちょっと違う。この作品の底に流れている思想?が好き。感想はまたじっくり書きたいです。あと、間宮兄弟、早くみたいなあ〜。
posted by かえで at 00:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

セカチュー

セカチュー(ドラマ)を少しずつまーと見てる。
まだ半分も見てないから、全体のことはなんとも言えないけど、
山田孝之は、明るい役のほうがいいように思う。
あと、髪は長いほうが似合うような。
WBとか、FBとか。
でもセカチューでも、演技はさすが。おもいつめた感じ、嬉しいとき、泣いてるとき、ぽわ〜んとしてるとき、、、、この人はほんとに演技がうまいんだなーと思う。表現力の豊かさ。

ちょうどこのドラマの設定と同じ頃高校生やったんやなあ〜と思いながら見てるんやけど、ブルーハーツとか懐かしい。深夜ラジオ、ウォークマン、とか。あと、このドラマが撮影されてる土地がすごくいい。伊豆かな?海も、あじさいの丘も、湾の風景も、みんな落ち着いていて、いい感じ。行ってみたい。
posted by かえで at 00:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

ワラビー

擬人化して語り合ったのか〜そうか〜
やっぱり草野さんのこういうところがいいんよなあ〜
だいたいワラビーが好きっていうところがもう感性がちがう。
ちょっとぼーっとしてるとこ・・わかる!

職場の上司?にライブDVDを貸したところ、
「スピッツはロックだね〜」という感想でした!
すばらしい。そのとおり。

さて、あいかわらずスピッツを聴く毎日ですが、ここのところ車ではめずらしく、というか、違うバンドの歌を聴いたりしてる。BOO BEE BENZっていうバンド。「to me」っていう歌がめっちゃいい。おすすめです。

最近、三日月を見ると、「ジェニファ」のナレーションを思い出す。
「三日月がどんなに鋭くとがっても、そこに見えない月があるように」
っていうような・・・なぜか印象に残ってるなあ。
posted by かえで at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | スピッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。