2008年09月15日

映画

昨日の夜は映画を見に行った。
「闇の子供たち」と「グーグーだって猫である」。

ああいう映画に、妻夫木くんみたいな俳優が出るというのは
重要なことかと思った。
特別に好きでも嫌いでもない俳優さんですが、
演技はうまいと思うのです。
ああいうテーマの映画の、客層を広げるという意味で
意義が大きいのではないかと思う。
山田孝之にも同じことを思っていて、
あれだけの圧倒的な演技力を持っていながら、
出る作品が・・・もったいなすぎる。
ぜひ、路線を転換してほしいなあ。

グーグーは、小泉今日子がよかった・・・
あの人は、女優としてもすごくいいものを持ってるんだなーと。
それと加瀬亮。
セリフはうまいのかそうでないのか、実はよく判断できないで
いるのですが、全体的にはいい俳優さんだなあと思う。
表情、雰囲気、声、、、、どっちかというと、セリフでなく
全身から発する空気で見せているような感じ。
そこが独特な俳優さんだなと思うのです。

やっぱり映画はいいなあ。
次見に行きたいのは「トウキョウソナタ」。
これも小泉今日子。そして大好きな俳優さんの香川照之さん。
あ、そうそう!
是枝裕和監督がCocooを撮ったドキュメンタリー映画が
12月公開ということでチラシが出ていた。
早いなーもう少し先かと思ってた。楽しみです。



posted by かえで at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。