2006年09月21日

昨日のつづき

こころのなかの住人たちのことを書いたけど・・・
少し考えた。草野さん、トータスさん、阿部さん、山田さんは間違いなく、その感性と才能が好きな理由。

けど、大江千里さんを好きな理由は、感性とか才能というより、もちろんそれもあるのは間違いないんやけど、とにかく好きな理由はせんちゃんだから!だ。高校生くらいで友達の影響で好きになって、よく聴いてた。とりあえずその頃からずっとつかず離れずといった感じで現在にいたっているので。たぶん実生活でも本当にいい人だと思う・・千里さん。

それから、安藤一之。
とりあえず、苦しく悲しい過去がありながら、雪平を好きにならずにいられなかったという、その心の闇が私をひきつけるような気が。私は瑛太が好きなのかと思って、瑛太が出ているモノを色々見てみたが、どうもやっぱり私は安藤が好きだったらしい。「東京フレンズ」の隆司もよかったし、「めだか」の桜木くんもよかったんやけど・・・瑛太が演技について語ってたりするのは、それほど興味がないんやなあ、なぜか。山田孝之さんだったらめちゃくちゃ興味ありなんやけどな。山田孝之ってやっぱり天才系だと思う。

けど、いいともに出てた瑛太を見たときにはびっくりした。ドラマとかの役とは全然違う。ゆる〜〜い、おっとりした、確かにちょっと暗い(本人が言っていた)感じ。その瑛太が自信満々の隆司や、かっこいい荻様を演じているときには別人のよう。あそこまで人間変われるものか・・・いや、でもいいともの瑛太だって演技なのかもしれんしな。瑛太もおそらく感性の人であるに違いない。なので、とりあえず仮入居中。
posted by かえで at 00:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天才好きだね。だけど、せんちゃんは違ったのか。。。(笑)ただただ、せんちゃんだ!!まちがいない。。。
Posted by ひな。 at 2006年09月21日 23:29
せんちゃんも「この曲作るなんて天才!」と思うことがあるけど、私が「天才好き」であることを自認するよりずっと前から好きなのでもはや、こころのなかにいるのがふつーというか、好きなのに理由がない感じ。だから、ただ「せんちゃん」だ!っていう感じ(笑)
Posted by かえで at 2006年09月22日 07:28
その人が好きなのか
役が好きなのか、観ていて私も解らなくなる時があります。

アンフェア、映画化決定しましたね。
Posted by トワ at 2006年09月25日 17:07
私もしょっちゅうわからなくなってます(笑)
でもとにかくマサムネさんはいちばん。
アンフェアの映画も見に行くだろうなー。
Posted by かえで at 2006年09月25日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。