2006年10月15日

ご当地の踏絵

ご当地の踏絵、をやってみました。京都。

● 「おっきい、おっきい」「寒い、寒い」と形容詞を繰り返す。

はい、繰り返します。絶対繰り返します。京都人なら絶対に繰り返します。

● 「この前の戦争」といえば、応仁の乱だ。

いや、そんなわけはないけど。

● 人の陰口を言うのがことのほか好きだ。

京都人ってやっぱりそう思われるんかなあ。

● いけずを文化だと思っている。

みんないけずじゃないんやけど、いけずだと思われるらしいことは知っている。

● 時代劇のロケ地を即座に言い当てることができる。

だいたい決まったとこでやってはりますよね。

● 東京人より大阪人が嫌だ。

イヤじゃないけど、東京の方が遠い気はする。東京駅に降り立ったとき、まわかりから関東弁が押し寄せてくるとちょっと引く。

● 滋賀県人も好きではないが、疎水の水が止められたらシャレにならんので、表立って公言はできずにいる。

笑!!疎水は大事。京都で育った人なら、絶対に学校からインクライン見学に行ったことがあるはず!

● KBS京都のかたつむり大作戦を知っている。

もちろん。けど、「かたつむり」って、かたつむりのようにゆっくり走ろうってことだけかと思ってたら、「か」「た」「つ」「む」「り」はそれぞれなんだかの頭文字らしい。ということは最近知った!まーが学校で習ってきた!

● 京都の人はみんな「〜どす」と話すと思われている事を笑い飛ばせるぐらい自分は寛容だと信じ込んでいる。

みんなそんなこと思ってないと思ってる。

● 京都が日本の中心だと思っていて、いつか天皇は京都に帰ってくると信じている。

天皇が帰ってくるかどうかは別として、ある意味中心とは思ってるかも。

● 水道水が、カビ臭くなると、夏を感じる。

感じる!ほんまにカビ臭くなりますよねーー。

● 本音と建前を完璧に使い分けることができる。

たぶん・・・

● 「にしんそば」は雑誌が作り上げた名産品で、実はあまり食べない。

食べません。めったに。

● 電車の中で、火縄を小さく振り回せるようになって一人前。

消したらあかん〜〜

● 高山彦九郎・皇居望拝の像で待ち合わすとき「土下座前」と言う。

言うかも・・「土下座前」とは言わへんけど「あの土下座してはるとこな」って言う。

● 深夜番組のCMというと「岩田呉服店」と「亀岡山田木材経営団地」と「出町輸入食品」と「いずもや」だ。

そうです、そうです!♪こいつぁ いわただよ♪

● 子どもの頃のおやつは西村のエーセーボーロだった。

そうでした。ほんまにそうでした。もちろんそれだけじゃないけど。

● 東京人のことをちょっとバカにして「お江戸の人」と言う。

言いません・・・

● 関東は基本的に東夷(あずまえびす)の住む田舎であると思っている。

思ってないけど、関西の方がええわっていつも思っている。

● 心の中では、東京人を田舎モンと思っている。

いや、やっぱり東京の方が都会です。東京の人は都会的と思う。

● 道に迷うと「丸竹夷二押し御池姉三六角蛸錦〜♪」を歌う。

歌う〜〜〜〜!必須。

● おやじが、テレビで「パープルサンガ」を見て、「紫光クラブ」と呼んでいた。

そうそう!!!

● マスコミでは一般的になっているが「おばんざい」なんて言葉は使わない。

使うけどなあ・・・

● 石匠6代目河波忠兵衛が7代目に変わったとき、6代目の安否が気遣われた。

・・・

● 大丸百貨店のことを「大丸さん」と呼ぶ。

大丸のことを「大丸さん」とは言わへんけど、なんというか、店とか会社に「さん」をつけることはよくあります。「島津さん」(島津製作所)とか「一力さん」(一力茶屋)とか。店の地図とかにも、近くの目印になるようなものには「〜さん」ってさん付けで書かれてありますよね?そのほかにも、とりあえず「さん」は多用。「おいもさん」「おかゆさん」「おあげさん」「おまめさん」。知り合いにパンのことを「パンこさん」と呼ぶ家があったのはびっくりしたけど。

● 「田渕岩夫の特ダネ!てれび」でしか見たことがない田渕岩夫が気になる。

考えたことがなかった。

● 自分は行けなかったが「京都大学」を大変誇りに思っている。

そう、私の尊敬するある方は京都大学出身です。

● 京都を「近畿」や「関西」の言葉でひとくくりにされるのが嫌。

そうでもないです。近畿の仲間、関西の一員と思ってます。けど、確かに大阪の人や兵庫の人とは違うと思う(向こうもそう思ってるはず)。言葉も違うし。

● 北野天満宮の牛の頭をなでた手で、自分の頭をなでたことがある。

したことない人いるかなあ。

● 北野天満宮のことを「天神さん」という。

言います。そこの市のことも「天神さん」っていう。東寺の市は「弘法さん」。

● 広告を書いたバスは、景観を損ねるので古都京都にふさわしくないとは思うが、損ねるほどの景観がもはやなくなりつつあることには見て見ぬフリをしている。

広告のバスにはもう慣れましたが、最初は確かに違和感が。損ねるほどの景観は確かになくなってきた。

● 国語の時間に「擬音語」を「祗園語」と聞き間違えたことがある。

それはないなあ。

● 只の地の野菜を「京野菜」と称しブランド化するのは、如何なものかと思う。

けどやっぱり加茂なすとかね、鹿ケ谷かぼちゃとか、九条ねぎとか、壬生菜とかね。鹿ケ谷かぼちゃはそうおいしくないけどな・・

● 京都パープルサンガの本拠地の正式名称「京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場」は長すぎるので早く専用スタジアムが欲しい。

けどまあ、「西京極」としか言わへんからな・・「西京極」といえばそこのこと。

● 他府県の人に「京都には海がある」といっても、信じてもらえなかったことがある。

京都には海がある、と主張したことがあまりないような。とりあえず、琵琶湖(滋賀県やけど)があるからいいと思ってる。

● 京都は特別な所だと思っているので、地方都市と言われてショックを受けたことがある。

言われてみれば、ちょっとカチンと来るような。けど、地方よな。どうあがいても。

● 「しかし、よくご存知ですねえ!?」と言われると、つい「ええ。わたしら二人、あすこのモンでんねん」と返してしまうクセが抜けない。



● 市バスを乗りこなす自信があるので、地下鉄はほとんど利用しない。

地下鉄、活用してます!ただし、烏丸線のみ。東西線はほとんど乗ったことがない。

● 「おまん」「萬古堂」の看板を見てもなんとも思わない。

別になんとも。

● 「大文字焼」と「焼」をつけて言うのは納得がいかない。

たしかに!「大文字」とか「大文字さん」としか言わない。

● 全国に数ある「小京都」を鼻でせせら笑う自分に気づいたことがある。

そんなことはないです。けど、小京都って言わなくてもいいのになって思う。それぞれにいいとこだから。

● 子供の頃、琵琶湖に海水浴に行った。

京都人にとっては、琵琶湖が海です。

● 語尾に「はる」を付けるのは敬語だが皮肉を言うときにも使う。

使う使う!「はる」はほんまに便利。

● 街中でちょんまげ姿の侍や腰元の姿を見ても驚かない。

はい。馬が歩いてても驚かない。

● 「リプトン」と言えば喫茶店だ。

違うの?あ、紅茶ってこと?

● 山科区、伏見区、西京区は京都のうちに入らないと内心では思っているが口には出さない。

京都のうちに入らない、などといえるような自分ではない。。。

● 他府県、とくに東京に行くと大阪人と間違えられるのは、大いに遺憾である。

けど、大抵「京都ですか?」と言われる。なぜ?

● 「3時です」と言われると「宇治茶です」と続けたくなる。

なりますね・・・

● 道は碁盤の目しかしらないので、道がカーブすると不安になる。

なるなる!道はまっすぐなはず!東西か南北にしか伸びてないはず!

● 修学旅行の素朴な制服姿を見ると、「田舎からようおこし」と心の中で言ってしまう。

あと、「『金閣寺道』じゃなく『金閣寺前』で降りや」と心の中でつぶやく。

● 夏になると紅葉パラダイスのプールへ泳ぎにいった。

行ったなあ・・・

● “区別”が好きだ。

どういう意味かわからない・・・

● 近所のソバ屋も散髪屋さんも、営業許可証の発行人が『蜷川虎三』であることを自慢する。

知らんけど、そうかも!

● 京都タワーは好きではないが、旅行から帰ってきたときに見えると懐かしく感じる。

あれ、不思議やんなあ。京都タワーって趣味わる〜と思ってるのに、新幹線から見たりすると妙に落ち着く。帰ってきた〜と思う。

● 京都駅ビルの階段をダッシュで上った(上ろうとした)ことがある。

自分はないけど、レースやってますよね。

● なんちゃって舞妓とほんまもんの舞妓さんの見分けがつく。

つく、と思う。

● 江戸時代のことはあまり語りたくない。

いまさらそんなことはないけど。

● 京のぞみちゃんを知っている。

知ってる!

● 京阪を『おけいはん』と呼ぶのは気恥ずかしい。

呼びません。けど、『おけいはん』のポスターとかはけっこうじっくり見る。

● タクシーはMKを好んで乗る。

でもないです。

● 場所を説明するときに、両手などで十字を作って、「これ四条通で、これ烏丸通な」 と説明する。

するする!場所を説明するときって、そうしかしようがないと思う。四条烏丸あがったとこ、とか、西入ったとこ、とか。

● ほんやら洞、六曜社、進々堂、は、学生の時、とりあえず入ってみた。

入ってみました。友達がバイトしてたり。

● 嵐電、叡電といえば、なんのことかわかるが、京福電鉄と言われてもピンとこない。

嵐電は嵐電って言うけど、叡電はむしろ京福って言う!

● ワコールを「パンツ屋」、任天堂を「花札屋」と言う。

言いません。

● 「おたべ」・「生八橋」は、久しく食べていない。

京都に住んでる人でわざわざ買って食べる人はいないと思う。おみやげとしても勧めない。それやったらもっとおいしいもんがある!と思ってる。けど、最近出てる黒いおたべは気になる。

● うんざりするほど雑誌で特集が組まれているが、掲載されている店にはほとんど行ったことがない。

けっこう行ってるかも。

● 「おっさん」(おっにアクセント)といえば、お坊さんの事だ。

はい。「おっ」にアクセントがあればお坊さん、「さん」にアクセントがあればおじさん。

● 地元の各種団体・集まりのトップが、大体同じ顔ぶれなので飽きてしまう。

これはようわからんけど、、大抵そうじゃないんですか?

● 京都市で一番景気がいい企業はお寺さんだ。

そうかも・・・でも任天堂かな?

● どこの学区出身かで相手を値踏みする。

値踏みはしいひんけど、「おお、あそこか」(いい意味)とかは思う。

● 雑誌などで人気の町家だが実は冬はものすごく寒く、耐震考慮は0という凄まじい建物である。

住むとなったらめちゃくちゃ大変やろうと思います。はんぱじゃないはず。

● 地図を広げている外国人を見ると、迷わず避ける。

本気で困ってそうなら声をかけます。けど、自分が方向音痴やからわからんかったらどうしようって思う。

● 他府県で「たぬきうどん」を注文したら「はいからうどん」が出てきたことに納得がいかない。

これは有名なので違うものと認識している。

● 清水寺、金閣寺、三千院、三十三間堂など、名所に行ったことがない。

あるけど、大学以降で行ったところが多いなあ。

● 他府県人は区別がつかない河原町のヤンキーとビジュアル系の区別がつく。

つくように思うけど、合ってるかどうかはわからん。

● 昔、河原町のジュリーに会ったことがある。

ある!ある!超有名(だった)。

● 東大より、京大のほうがノーベル賞受賞者が多いことが自慢だ。

けど、言うても、東大が一番なんやろうと思ってる。

● しかし、京都出身の京大生が意外と少ないという事実には触れて欲しくない。

京都は大学の街なので全国から学生さんが。。。

● しょっちゅう他府県の人に「京のぶぶ漬け」の話をされるので、否定するのがじゃまくさくなって、つい曖昧な返事をして誤解を招いている。

それほど、「京都」らしい京都のところに住んでないので・・・

● 日本共産党の候補に投票したことがある。

これって京都ならでは?

● 子供の時、八瀬遊園に叡電に乗って行ったことがある。

ありますあります。

● パリと京都は似ていると、ちょっと本気で思っている。

思ってない〜〜〜。

● 他府県に対して、根拠のない自信が満ちあふれている。

自信はないけど、京都が一番と思ってるかも。夏めちゃくちゃ暑くて、冬は底冷えで、決して住みやすくないんやけどなあ・・・

● 祇園祭の宵山は毎年行くが、鉾の巡行は見たことがない。

巡行も数回見たことが。けど、宵山に出かける方が断然多いですよね。ていうか、祇園祭といえば宵山って思うかも。

● 「将軍」と言えば、徳川でも金正日でもなく足利将軍だ。

そこまでじゃないけど、ちょっと上の世代はそう思ってはるでしょう。

● 五山の送り火の自分だけの最高のビュースポットを知っている。

混んでないとこね。

● 上ル、下ル、西入ル、東入ルなど、住所通りに歩けば、必ず目的地にたどり着く住所表記は便利だが、いかんせん長いので、書類等に書き込むとき、スペースが足りないのがやっかいではある。

京都は住所が長くてじゃまくさいのは確か。しかも郵便番号簿で探しにくい!

● 他府県で道に迷うと、自分ではなく碁盤の目になっていない道が悪いと思う。

思う、思う。なんでこんな風に道がまがってんねん!とか。京都でも方向音痴やのに。

● 先人の作った功績を自分の功績と勘違いしているフシがある。

たとえばどんなこと??

● 国宝の建物に落書きをしたことがある。

ないです!

● 烏丸(からすま)を「からすまる」「とりまる」と読む人がいても笑って許せる。

笑うけど、そう読んでしまうってほんまの話し?

● かわみちやのそばボーロの缶が家にある。

今はないけど、昔は絶対あったよなあ〜〜〜〜。ボタン入れたり、いろいろ使ってたなあ。

● 奈良に軽いライバル心を持っている。

古都同士、と思ってる。

● 通りの四つ角にはいけず石を置く。

そんなとこには住んでませんので・・。

● マンションのペントハウスにすむよりも、自宅2階から祇園祭の巡行を見られる木造2階建てのほうが、京都人のステータスとしては上である。

そうでしょう、たぶん。

● 友達に寺の息子(娘)が3人以上いる。

職場にもいっぱいいる!

● 住所に「上ル、下ル」が入っているのが自慢。また入っている住所に憧れる。

入ってるところが、いわゆる京都らしい京都だと思いますねえ・・

● 新京極を北へ歩き、三条の手前にある坂がどうも納得できない。

なんかわからんけど、言われてみれば、、笑える。

● 昔フジイダイマル前にあった噴水に、コインを投げ入れたことがある。

あったっけ??

● 基本は薄味だが、ラーメンだけはこってりじゃないと気が済まない。

天一本店!!

● 京都が舞台のサスペンスを見ると、内容よりもロケ地がどこかで盛り上がる。

確かにそうかも。

● そして「あんなとこからそんなとこまでそんな早う移動できるかいな」と必ず突っ込む

はい!突っ込みます!だって、とにかく名所っぽいところが総出演で位置関係はめちゃくちゃだったりする。

● 「夏を逃がすな〜」と歌われると「風はコーヒーブラウン」と続けられる。

わかりません。

● 年に一度の学区運動会は、1-2ヶ月前から練習するぐらいの盛り上がりを見せる。

そうですねえ。私はあんまり行かないけど。

● 京都の東の果ては、八坂神社の奥の円山公園だと思っている。

もっと東もある・・・

● 京都人に関する書籍があるとつい読んでしまう。

ちょっとのぞきます。

● そして「それはちゃうやろ」と鼻で笑う。

っていうのと、言えてることとがある。

● 市内以外の京都人は四条・三条に行く時は『京都に出る』と言う。

街に出る、っていいます。

● 王将の床はよく滑ると思う

思う!!!!

● 権力を持っている人にはなびかない反面、しきたりには無条件に従ってしまう。

そんなに昔ながらの土地に住んでないので・・けど、日常生活のなかに入り込んでるしきたりは色々ありますよねえ。

● 丹後で京都ナンバーを見ると違和感がある。

そうでもないです。

● 「牛若丸の未来くん」のステッカーを持っている。

ノートを持ってるかも!なつかし〜〜。

●親戚に滋賀人を持つ友達が5人以上いる

わからん!でもいるんちゃうかな。

●サンテレビの阪神戦を試合終了までやってくれるKBS京都を有難く思っているが、ABCとのリレー中継の時は前半を放送してくれない事に激しく憤っている。

阪神ファンでもないので。

●土建屋よしゆきが現場で働いているのを見たことがある。

ない。

● 山崎弘士と尾崎千秋を知っている。

山崎さんは知ってる。尾崎さんはしらん〜。アナウンサーさんやんなあ?

長かった〜〜〜〜〜。
posted by かえで at 00:04| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とおりすがりにコメント残していきます。
今、いろんな人のを読んでまわってます(^^)
私もやったのですけど、河原町のジュリーなんて、最近の子は知らないですかねえ(笑)
Posted by さや at 2006年10月15日 03:02
コメントありがとうございます。
私もこれをやってて、いろんなことが懐かしかったです。他府県の友達に、自分のところのご当地チェックやってもらって読んでみたいなって思ってます。
Posted by かえで at 2006年10月15日 03:09
>さやさん

そうそう、河原町のジュリーですが、有名でしたね!河原町のジュリーも紅葉パラダイスも若い子は知らないでしょうね。
Posted by かえで at 2006年10月15日 03:11
めちゃおもしろい。私もやってみたいが、京都か?滋賀か?
Posted by ひな。 at 2006年10月15日 11:37
>ひなっち
やってみて!どっちも挑戦とか?
けど、長いからけっこうしんどいねん!!
Posted by かえで at 2006年10月15日 11:50
ご無沙汰〜!
踏み絵のサイト、私も前に覗いたことあるよ。
だいたい「そうそうっ」って思うこと多いよね。

いづもやのCMと、コーヒーブラウン、知らんのやね・・年の違いやろか?(苦笑)

うちの実家は上京なんで、やたら長い住所でイヤになります。
上ル、東入ルなど。
そっか、お寺の息子、娘が多いのもならではなのかな?数人いたよ。

ところでゴースカ、申し込んだ?
Posted by じゅんたろ at 2006年10月15日 12:51
じゅんちゃん、ひさしぶり!!
いづもや、はわかる!けどコーヒーブラウンがわからんねん・・私だけ?
上京とかも長い住所が多いね。
ゴースカ20日までやんね?
あさってに郵便局に行くつもりです。
いつで申し込んだ??
椅子席に行きたいけど、仕事の関係で無理なんよ。
椅子席の方が競争率高いかな?いっしょかな?
Posted by かえで at 2006年10月15日 20:19
笑笑ー・・。
全部観てしまいました(笑)。
笑える〜。
京都LOVEなのがすんごく伝わります。

河原町のジュリーさん
私も会ってみたいなぁ・・
Posted by トワ at 2006年10月16日 11:30
トワちゃん。
ぜひぜひトワちゃんの出身地もやってみてください。
けっこうおもしろいです。
indicoさんにもやってみてほしい〜〜(笑)
Posted by かえで at 2006年10月16日 23:04
うちのブログでは文字が多すぎて書ききれなかった。。。しかも、自分は滋賀県民ではないことがよ〜っくわかりました。
Posted by ひな。 at 2006年10月17日 01:25
>ひなっち
たぶん、滋賀県民にはなりきってないよな・・・池って思う??(笑)
Posted by かえで at 2006年10月17日 23:49
池なんて思わない。湖は湖だ。
Posted by ひな。 at 2006年10月19日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。