2006年10月15日

山田孝之が阿部サダヲ?

知り合いが教えてくれたのですが、「舞妓Haaaan!!!」の制作発表の記事から飛んでいける「作品紹介」に詳しいあらすじが!このあらすじによると、阿部サダヲの演じる公彦と舞妓の出会いは、修学旅行で迷子になったところを助けてもらったって書いてあった。この間の平安神宮は修学旅行の設定やったみたいから、山田孝之は阿部サダヲの高校時代ってこと???

すんごい楽しみ。阿部サダヲ。阿部サダヲがトップランナーでどれだけすてきだったかを語るのはまた今度にするとして、大好きな阿部サダヲの高校時代を山田孝之が演じるっていうのはすごいめぐり合わせというか、、、すてきすぎ。制作発表の阿部さんもやっぱりすてきだった。

けど・・・平安神宮の撮影現場には阿部サダヲがいたはずやから、ってことは高校時代は自分で??山田孝之は別の人?
わからなくなってきました・・・
posted by かえで at 02:09| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「手紙」の直貴

金曜日は、「手紙」試写会が当たってたのに、仕事でいけず残念だった。一回見たからいいけど・・・もう一度じっくり見たかったので。

他のブログさんで見せてもらったんやけど、山田孝之が直貴のことを「常に葛藤と戦ってる人だと思うから、それがすごい出せればいいなと」って言ってた。これを聞いて、この人はすごいなあとあらためて思ったんだった。この前「手紙」試写会の感想を書いたときに、山田孝之がそのたたずまいに「何かを背負っている」ということを感じさせるものがあった、って書いたんやけど、この「常に葛藤と戦ってる人」というのを聞いて、ああ、そうだ、私が感じたのもそういうことだと思った。そういう、、役柄の最も本質的なところを捉えて、演じるという才能。すばらしい。しかも、よくわからんけど、山田孝之は感覚的に、直感的にそういうことを捉えるんじゃないかと思う。監督さん?プロデューサーさん?が「感性で芝居をする人」だと言ってたけど、確かに、理屈で作っていくというよりは、そうなんだろう。たぶん、本当に役に入り込むというか、なりきるというか、そこから自然と演技が引き出されるような。直貴を演じてるときも、気持ちがどんどん落ちていって大変だった、って言ってはったけど、だからやと思う。やっぱりすごい才能なんやなあ。

それにしてもタマテツが城陽市出身って!!!関西弁聞いてみたい。
posted by かえで at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

やっぱりあの映画

山田孝之の京都での撮影はやはりあの映画だった・・・今日はなんと平安神宮で。私の心の住人、阿部サダヲと山田孝之が同じ映画に。それだけでもすごいんやけど、今日の撮影に関しては、私にとってはもっとびっくりな話があって、「そうなん〜〜〜〜〜〜!!!!」って感じでした。でも、わかるな、なぜだったのか。あのルートでこうなったに違いないってことが。たぶん、やけど。こんなとこでつながるとは思わなかった。なんかちょっと不思議な感じ。けど、ちょっと嬉しい。


posted by かえで at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

山田孝之「手紙」

「手紙」の試写会に行ってきた。
前売り券も買ってあるんやけど、早く見たかったので。ネタバレがあるので見るのを楽しみにしてる人は読まないでくださいね。(夜中に書いたら、気になったところの方が強調されてしまったような気がしたのでちょっとだけ書き直し)

まず、全体的な感想としては、よかったです。決して派手な映画じゃないし、テーマも重い。テーマには賛否両論あると思う。「加害者(や家族)は差別されて当然」という平野会長の言葉、そして「差別のないところを探すんじゃない、君はここで生きていくんだ」という言葉、それを見た人がどう受け取めるかということかと思う。それは見た人それぞれやと思うし、宿題でもあるのかも。ただこの映画は、「差別はいけない」というきれいごとではなく、現実のなかで生きていく様を丁寧に描いていた。そこがよかったと思うところ。人間の悲しさとか優しさとか弱さも強さも、そのなかでとても「丁寧に」描いてると思った。そして、丁寧に描き出せる役者陣だったと思う。それはもう心の機微の細かいところまで伝わってくる。それがすばらしいとこだったと思う。

ストーリーとか演出について。
全体的には、原作の雰囲気がそのままに映像になってるなあと思った。原作のトーンというのか・・本を読んだときの感じはそのままだった。映像化して、雰囲気がそのままであるということはすごいことだし、そして、その雰囲気は好きな感じだった。

ただ、お兄ちゃんである剛志がちょっといい風に描かれすぎと思ったかなあ。原作を読んだときには剛志に感じた腹立たしさ。直貴や被害者の家族の苦しみに思いを致せない、ある意味「能天気」に(内容が能天気ということじゃないけど)手紙を書きつづける兄貴に対して感じた腹立たしさは映画の剛志では感じひんかった。映画では剛志はただ弟のために犯罪を犯して反省しているいい兄貴、やった。そういう意味では、原作よりもキレイに作ってあるのかも。

映画は原作とは別物、と思えば、わざとそういう風に作ってあるのかもしれない。

それから。
歌がお笑いになっていたというのは、見る前はどうなんやろーと思ってたけど、意外と大丈夫やった。お笑いの関連のシーンだけは少し明るさがあったのがよかったんかな。どっちかといえば歌の方がよかったかなとは思うけど、、、、映像としては、お笑いのほうが強弱がつくのかも。

役者さんたちについて。

山田孝之の演技はいつもどおりすばらしかった。高校生から父親まで演じ分け、重いものを背負って生きている姿を常にそのたたずまいと表情で見せていた。それは、泣くとか傷つくとか、そういう具体的な演技で見せるのではなくて、ただそこにいる直貴、たとえばバスに乗っている、工場で働いている、バーテンをしている、そしてお笑いをしているときでさえも、直貴のたたずまいには、そういう影というか、、何かを背負っているということを感じさせるものがあった。それが山田孝之のすごいところよなあー。被害者の家族の家で泣くところは、圧巻。この人の泣きはいちいち全く違う。

そのうえ、山田孝之は、「タイヨウのうた」の面影まったくなしで、この人は本当に自由自在に自らの雰囲気を変えられるんやなと改めて思った。もちろん演技力とか表現力とかは抜群やけど、加えて、なんか、身にまとう空気そのものを変えてしまう。そこが天才系やと思う。WBの損影の合間に「ジェニファ」を損影したって前教えてもらってびっくりしたけど、その勘九郎と隆志がおそろしいほどに全く違うのもそう。髪型もほとんど一緒やのに、違う人に見えるすごさ。今回も損影時期は近いと思うのに、全く別人でした。天才。

「手紙」の直貴は山田孝之がぴったりやったと思う。山田孝之と玉山鉄二、吹越満、などのキャスティングはすばらしい。吹越さん、すごくよかった。厳しさとちょっと温かさと苦しみとをほんの短いシーンの中で表現されてた。あの会長さんもよかった。原作どおりの存在感やった。玉鉄、最後の合掌しながら泣いているシーンで、めちゃくちゃ泣かされた。

けど、沢尻エリカはどうよ・・・なんかもうちょっと違う女優さんのほうがよかったような気が。沢尻エリカだけが原作との間で違和感があった。しかも沢尻エリカの関西弁がひどすぎた・・・・いや、関西弁にするならするで、もうちょっと練習しようよ!!なんぼなんでも。

ついでにもうひとつ・・・ヘアメイクさんとスタイリストさん、ちょっとどうでしょうか・・・ひとつは沢尻エリカの結婚後のあの髪型と服装。昭和30〜40年代(←よくわからんけど、なんとなくそのくらい?)ですか?って感じの、、、、沢尻エリカで母親の雰囲気を出そうとしてああなったのかもしれんけど、ちょっと違和感ありすぎで感情移入できなかった。それから、山田孝之の髪型。髪型がどうであれ、別に演技がいいから、いいといえばいいけど。。。なんかサラリーマンの雰囲気を出すならもうちょっと違うやろーと思ったりしてしまった、映画の最中に。そういうところに気持ちが行ってしまったところが残念。今まであんまりそういうところ、考えへんかったけど、髪型、メイク、服装って、大事なんやなあ。

全体としては、地味やけど、難しい挑戦やったと思うけど、いい映画でした。キャスティングも、(一部を除いて)すばらしかったと思う。とにかくもう一度じっくり見たいです。

前売り券を買ったら、プレスシートがもらえるというので、また買ってしまった。すてきなプレスシートでした。
posted by かえで at 20:11| Comment(9) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

嫌われ松子

今日は昼過ぎまで仕事で、夕方「嫌われ松子の一生」を見てきた。
瑛太が出てるから、という動機で観に行き、瑛太が出てなかったら見なかっただろうという感想だった・・・
終わったときに、後ろの男の人が「疲れる映画やったなあ〜」って言ってはったけど、まさにそんな感じやった。展開が早いし、独特の色使いで、独特の表現で、ストーリーも・・・ただ中谷美紀はきれいやな〜ってことと、瑛太はやっぱり演技がうまいな〜っていうのをずっと思っていた、という感じ。ああ、あと、キャストがすごいんやけど、終わりのエンドロール見てて「え〜この人どこで出てた〜?」と思うのがいっぱいあったのが印象的ではあった。いまいち入魂せずに見てたせいかもしれんけど、、、

でも私はやっぱり単館系の映画の方が好きやなー。
最近見たなかでは、「好きだ、」と「かもめ食堂」がすごくよかったし、あと「花よりもなほ」。これは大々的に公開されてるか・・・けど、ちょっと違う。この作品の底に流れている思想?が好き。感想はまたじっくり書きたいです。あと、間宮兄弟、早くみたいなあ〜。
posted by かえで at 00:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

ドラゴンヘッド

「ドラゴンヘッド」を見た。
正直、あれだけの役者さんを使ってるのがもったいないとしか言いようが・・・

山田孝之の演技でいえば、狂っていく様はさすがなんやけど、活かせてないよなあー。せっかくの演技が。山田孝之を使ったのがもったいないなあ。妻夫木くんもやけど。

・・・という感想しか。

仕方ないので、「め組の大吾」を借りてきた。セカチューを借りようと思ったけど、まーは「め組」の方がよかったらしいので。まだ途中までしか見てないけど、こういう明るく元気で、一本気で一生懸命な役がけっこう合うんやなーって思った。なんか最近悲しい役、苦悩する役のイメージがあったので。っていっても、私自身、そういう役のものは見てないのでどっちがいいのかは比較できひんけど。勘九郎とか大吾みたいな役って若い山田孝之の味が出てるというか。今はまた違うのかな・・。しかし、山田孝之、泣かせたら天下一品。あと、ミムラが出てて嬉しい。ミムラってほんまにかわいい。表情がゆたかで。めだかのときもかわいかったなー。
posted by かえで at 01:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

ジェニファー

「ジェニファ 涙石の恋」を見た。
山田孝之のPVと思って見よ、という感想があって笑ったけど、物語というかシナリオは確かにおとぎばなしと重ね合わさっていて少し不思議な感じ。。それとジェニファ役の女の子にどうしてもなじめなかった。ジェニファはもう少し違う感じの女の子がよかったんじゃ・・・同じく傷を負った少女を演じるには無理があった感じ。。。

が、とりあえずそれを打ち消す山田孝之の演技なのだった。

セリフがあんまりなくて、表情と目、それだけで傷ついた少年の心を演じきっていた。すごい。それからナレーションが抜群によかった。ナレーションって上手下手が明確にわかる。山田孝之の声があの映画を作っていたといっても過言ではない。いい声だ・・私のなかの声ランキングのかなり上位にランクイン(一位はもちろん草野マサムネ。←もうええって?)

こういう淡々としていて、静かで、そして光が優しい映像はすごく好きなので、そういう意味では好きな映画だった。パトカーに乗るところは涙出たなー。山田孝之があのパトカーを見上げて階段を上がるシーン。そこも表情だけで悲しみとかあきらめとか、あらゆる感情を演じて見せていた。それだけで泣けた。

ただ、物語は・・最後ジェニファが消えるところ。おとぎ話と重ねてあるわけやけど、あそこでジェニファが消える、というのはどういう意味がこめられてるんかなあ・・・色々考えたけど、よくわからない。「ファンタジーに逃げている」とか、「人が消えるという設定が無理」、という感想もあったみたいやけど、どうもそういうことじゃないんじゃないのかな。どう言えばいいのかわからんけど、あの、人を避けて、一人で悲しみと傷を抱えて生きている少年にとって、幸せとかぬくもりが「手に入れたと思ったら消えてしまう」とたとえわかっていてでも、求めずにはいられないというところでの、その絶望感に近い感じ。もしかして消えないかも、というほんのわずかでもその可能性にかけてみたいという切実さ。そういう感じを表しているのでは。と思ったんやけどな。あのアニメーションの話の悲しさと同じで。うまくいえないけど。
まあ確かに物語が中途半端な感じがぬぐえないのはそうかも。

それにしても、山田孝之がこれと同時期にウォーターボーイズを撮影していたとは。勘九郎とは全く違う人物があの映画の中にいた、というそのことが印象深いです。

最近、映画とか俳優の話が多いなー。
でも、相変わらずスピッツを聴く毎日。

posted by かえで at 00:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

かもめ食堂

今日、「かもめ食堂」を見てきた。
すごく好きな映画やった〜。
まず、小林聡美が大好き。あのかもめ食堂のオーナー?にぴったりやった。
それから、まじめに地道に、無理をせず、自分のペースで、自分の感覚を大事にして、人にあたたかく生きていく、ということの大切さ。普段の生活って、けっこうそういうことを犠牲にしてやってる気がする。でもそうじゃなくて、自然に生きていかなくては、自分の感覚とか価値観を大切にしなくては、と思い返すような映画だった。まじめに、地道に、人に思いやりをもって。そうしたらちゃんと道は開けるというか、結果はついてくるというか。そういう流れの中で生きていきたい。なんか最近、「流れ」ってことをよく考える。なるようになる、というか、投げやりな意味ではなく、それが大事な気がする。この間、大江千里の握手会行ったときも、全然期待も行けるとも思ってなかったのに、突然行けることになったし。それはもちろん友達が色々やってくれたからやけど、でもそういうことも含めて、行けるように物事は流れてくれた。これはささやかな事例やけど、なんかそういうことってある気がするなあ・・・

それにしても小林聡美は素敵だ。あの人は、テレビの中よりもスクリーンの中でより美しいと思う。
あと、お料理がほんとにほんとにおいしそうやったし、北欧の家具やインテリアがすごく素敵だった。見にいけてよかった。

あと、「間宮兄弟」の予告編を見た。高まる期待・・・
posted by かえで at 00:47| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

映画

映画というカテゴリを作ってみた。
これでどれだけ書けるかは・・・でも一応。

5/20に関西のいくつかの映画館で「間宮兄弟」の舞台挨拶があるらしい。
監督と佐々木蔵之介さん。行きたいなあ・・
佐々木蔵之介さんが、佐々木酒造さんとこの息子さんって最近知った。だから蔵之介と。これはだいたい誰でも知ってることやったんやろか・・


posted by かえで at 01:18| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。