2006年11月15日

新ルール

体操の全日本選手権。
国内の試合で、いつも一番楽しみにしている試合。

今年の全日本は、大学生が元気だったなあというのと、高校生もがんばっていた。内村選手、よかったです。これからが楽しみ。好きな感じの演技だった。

冨田選手は、ダントツで安定した演技。さすが。美しい演技というのは本当にヒトを感動させるねんなあ。個人総合のときのドゥリッグス、大きくて、着地も決まってて、すごかった。つり輪は相変わらず芸術的。倒立で、足が全然揺れなくてぴたっととまるところがすごい。力技をひとつひとつきっちり決めるところも。鉄棒は、残念ながらコールマンで落ちたけど、アジア大会はきっと大丈夫と思ってます。きっと、必ず決まると思う。

それで、新ルールなんですが・・・率直な感想は・・・

新ルールでは、AスコアとBスコアというのを足して得点になります。

※体操協会の説明→「得点は、演技の難しさなど構成内容を評価するA得点と 演技のできばえを評価するB得点の両者を加算して算出されます」

で、うーーーん、と思ったのはこういうこと。

跳馬で難度の高い技をしました。しかし、残念ながらこけました。

というときに、こけてしまった分、B得点が低くなるわけやけど、もともと挑戦した技の難度が高く、A得点が高いから、結果、得点はそんなに低くならない。
つまり、おもいっきり派手に転んだとしても、15点台が出てしまったりする。ということ。これは、見ていて、ん?と思ったのです。

つまりそれって、「やったもん勝ち」にならないのか?という疑問が・・・

実施が少々ザツでも、伸びるとこが伸びてなかったり、止まるとこが止まってなくても、Aスコアさえ高くしておけば、トータル得点は高くとどまる、なんて日本が誇りにしてきた美しい体操を追求するのと反対の方向な気がする。ルールは国際的に決まってることなのでどうしようもないんやけど・・・このルールを決めた人たちっていうのは、そこのところをどう考えてたんやろう?私らが見たいのは、誇りに思うのは、きれいな体操なのになあ。Bをもっと厳しくとればいいんだろうか。

全体的には、前のルールのときよりも演技のバリエーションが広がってて、そこのところは見てるものにとってはおもしろいです。つり輪もけっこうスイング系の技が多くなってたように思うし・・あ、でも、鉄棒で伸身のコスミックがめちゃくちゃよく使われてる(気がする)のはなぜ?色々理由があるんやろうなあ。体操のこと、もっとわかるようになりたい。

うまく説明できなかったけど、ルールについてはそんな感想です。

posted by かえで at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

体操全日本選手権

行ってきました。
とりあえず、その一言だけ・・・
久しぶりの体操観戦。やっぱり体操は生で見ないと。
冨田選手は2位に大差をつけていたので、「鉄棒で落ちても余裕で優勝やな」などと言っていたら、本当に・・・
でも、冨田選手は、きっちり修正してくる。間違いなく。
だから心配はしてないです。
3連覇、おめでとうございます。5度目の優勝、すごいことだと思う。

新ルールになっての初めての全日本。
今回のルールはどうなん・・・
というのが、新ルールに関する感想。
ちょっと納得いかないなあー。詳しくはまた。
posted by かえで at 23:19| Comment(2) | TrackBack(1) | 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

ひっそりと

世の中サッカーのワールドカップで盛り上がってたけど、そのかげでひっそりと体操の世界選手権2次予選があったことを一体どのくらいの人が知ってるんだろうか。私にとっては、そっちのほうがよっぽどか重要だった。観に行きたかったな。体操って生で見るとそのすごさがほんとにわかる。空を切る身体、音、着地の瞬間、、、

そうそう、ほぼ日で刈屋アナウンサーのインタビューをやってる。もう読むだけで泣ける。アテネを思い出して。刈屋さんの実況はほんとにすばらしかった。

すばらしさその1)
あのとき、「冨田が冨田であることを証明すれば、日本は勝ちます」って刈屋さんは言いました。私はまずその言葉に感動した。というのも、それは体操ファンなら全員が納得する、そのとおりの状況やったから。あのときの点差はまさに冨田が普通に演技すれば絶対に勝てる点差で、それをそういうコトバで実況した刈屋さんのすごさ。あのとき、冨田の演技を知る者はみな、冨田なら勝てる、と思っていて、だから刈屋さんのその言葉にどれだけ勇気付けられたことか・・・あの一言。今考えてもすばらしい実況でした・・・

すばらしさその2)
「小西さん、どうぞ泣いてください」
このコトバで号泣したのは私だけではないはず。ほんとに金メダルが取れたっていうあの瞬間、嬉しいのと感動したのと、これまでの選手のことを思い出したりとかしてテレビの前で泣きながら見てたところへ、この一言。もうこれで号泣したね・・・小西さん、どうぞ泣いてください。解説できなくてもいいですから、って私も思ったもんなあ・・・刈屋さんは目の前で小西さんが泣いて言葉をつまらせているのを見て、テレビを見ている人には小西さんが泣いていてしゃべれないとはわからない、だからその状況を伝えるためにこう言ったって語ってました。まさにこれこそが実況。ほぼ日の永田さんは「栄光への架橋」よりもこっちの方が印象に残ってるって言ってたけど、同感ですもうやだ〜(悲しい顔)

刈屋アナウンサー、本当にすばらしい実況をされる方です。
posted by かえで at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

冨田が優勝!

冨田が優勝した〜〜〜〜!
世界体操、個人総合優勝。
ほんまにうれしい。
冨田選手、おめでとう〜〜〜!
posted by かえで at 02:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

そうそう!

明日から体操の世界選手権、テレビ放送!
ほんとは現地に応援に行きたかったけど・・
なんと、冨田が予選を1位で突破!2位水鳥!めっちゃすごい!ほんまに嬉しい〜〜〜。種目別もあわせると、山田、鹿島、関口と全員が予選突破!信じてたけど、嬉しい。

みなさん、あんまり知らないかとは思いますが、
今回は、
最後の10点満点の世界大会なんです。

今後は、10点満点じゃなくなるってまだ実感がわかへんけど、、、
とにかく、世界体操、応援よろしくお願いしますexclamation

冨田がつり輪で予選突破ならなかったのが残念やなー・・でも。
posted by かえで at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

ひさしぶり

忙しかったのと、PCの調子が悪くなったのとで全然書けなかった・・
約1月ぶりです。
PCは、突然ユーザープロファイルが壊れ、今までの設定が消えてしまったというか使えなくなったというか・・・メールとか全部設定しなおさないといけなくなって。一番よく使うメールとネットの設定はやり直したけど、他にも色々あってやらなくては。PCって、いつ壊れるかわからんところがこわいなー。

その間の私は、色々あったわけですが、とりあえず体操のNHK杯を見に行った。鯖江まで。優勝は水鳥寿思。

水鳥選手は、正直に言って、NHK杯で優勝なんて少し前までは思ってなかったので、びっくり。演技が少し荒いというか・・そういう印象だったので。けど、今はなんかもう、勢いに乗ってるって感じで本人も自信に満ち、髪形も変えてかっこよくなっていた。すごいなあ。

今回のNHK杯は世界選手権・東アジア大会の代表決定も兼ねていて、その意味でも見逃せない一戦だった。

テレビ各局様。
どうか世界選手権をメジャーな時間帯に放送してください。


posted by かえで at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

来週

明日は大学のときのゼミ仲間と飲みに行く。ほんとは月曜日に行くはずだったのが、私が体調崩してたので明日に延期になった。楽しみやな〜。個性的でおもしろい人たちの集まりだったゼミ。大学のときの友達っていいよな、と思う。一人は、私のトランポリン好きに対して「もっと世の中の真ん中歩いたほうがいいよ」などと言い放ったYくん。でもYくんはおいしいところを知っているので、彼に任すと間違いがない。今週は仕事でもあんまりいいことばっかりじゃなかったし、明日は楽しくなるといいなと思う。

そういえば、来週、JOCがやってるラジオ番組で体操の冨田洋之が出るそうだ。アテネのこととか、また同じようなことばっかり訊かれるんかなあ。冨田は大学生の頃から応援してるけど、ほんとに100年に1人くらいの逸材ではないかと思う。体操ファンとしては、冨田の演技を生で見られるこの時代にいてよかった、という感じすらする。つり輪なんて芸術的やし。これまでは、おとなしすぎる感があり、どちらかというとあまり攻めの姿勢は感じられなかったんやけど、アテネでは違った。種目別つり輪のとき、初めてのスーパーE難度技後方回転中水平を持ってきて、その攻めの演技には、ほんとに魅せられた。あれでメダルとれへんなんて、採点が絶対おかしいっちゅうねん・・・冨田洋之、日本が誇るスーパーエース。ますます飛躍してほしいです。

posted by かえで at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。