2006年05月07日

かもめ食堂

今日、「かもめ食堂」を見てきた。
すごく好きな映画やった〜。
まず、小林聡美が大好き。あのかもめ食堂のオーナー?にぴったりやった。
それから、まじめに地道に、無理をせず、自分のペースで、自分の感覚を大事にして、人にあたたかく生きていく、ということの大切さ。普段の生活って、けっこうそういうことを犠牲にしてやってる気がする。でもそうじゃなくて、自然に生きていかなくては、自分の感覚とか価値観を大切にしなくては、と思い返すような映画だった。まじめに、地道に、人に思いやりをもって。そうしたらちゃんと道は開けるというか、結果はついてくるというか。そういう流れの中で生きていきたい。なんか最近、「流れ」ってことをよく考える。なるようになる、というか、投げやりな意味ではなく、それが大事な気がする。この間、大江千里の握手会行ったときも、全然期待も行けるとも思ってなかったのに、突然行けることになったし。それはもちろん友達が色々やってくれたからやけど、でもそういうことも含めて、行けるように物事は流れてくれた。これはささやかな事例やけど、なんかそういうことってある気がするなあ・・・

それにしても小林聡美は素敵だ。あの人は、テレビの中よりもスクリーンの中でより美しいと思う。
あと、お料理がほんとにほんとにおいしそうやったし、北欧の家具やインテリアがすごく素敵だった。見にいけてよかった。

あと、「間宮兄弟」の予告編を見た。高まる期待・・・
posted by かえで at 00:47| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

映画

映画というカテゴリを作ってみた。
これでどれだけ書けるかは・・・でも一応。

5/20に関西のいくつかの映画館で「間宮兄弟」の舞台挨拶があるらしい。
監督と佐々木蔵之介さん。行きたいなあ・・
佐々木蔵之介さんが、佐々木酒造さんとこの息子さんって最近知った。だから蔵之介と。これはだいたい誰でも知ってることやったんやろか・・


posted by かえで at 01:18| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

声フェチ

追伸
声フェチ、というキーワードでこのブログに来る人が多い、ようなのですが、声のことはそんなに書いてなくてごめんなさい。けど、いい声の人は好き。不動の一位は、いつも草野マサムネさんで、最近の2位は瑛太。この人、声いいんですよね。すっごいいい声してる。「アンフェア」の安藤、すごく好きやけど、そのすごく好きなのはたぶんあの声が50%くらいは影響してると思う。

仕事で、会議中もけっこう人の声をチェックしてる私。「この声はちょっとなあ」とか「まあまあいい声かなー」とか。なんでこんなに人の声が気になるようになったんやろ・・・というか、「声フェチ」で検索する人が多いのが笑える。世の中声フェチの人は多いんだろうか。
posted by かえで at 01:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんだけひさしぶり

去年のこの頃も全然書けてなかったなーと思い出す。。。どんだけ久しぶりやねん・・けど、とにかくいつもこの頃は忙しい。とりあえず明日は休み。あさってはほんとは休みやけど仕事。今年は夏休みもとれなさそう。。。せめてロックロックは行かせてほしいなあー。

この忙しいのに、4月末にある企画を担当した。そこで思ったこと。
その企画には、あるタレントさんが来たんやけど、その人(Aさんとしておきます)はテレビではボケキャラというか、、、お笑い系?の人。けど、企画の打ち合わせで、いろんな人が、Aさんはボケキャラやけど頭がきれて、インテリで、話もちゃんとできるしすごい、等々と言っていた。そして実際話を聞いてみたら、ほんとにすごかった!!話のセンス、空気の読み方、司会をさりげなくフォロー、観客が何を喜ぶか、おもしろがるかがもちろんわかってる、他のゲストへの気配りもさりげなく、でもちゃーんとしてる、という感じで、私はただただ「プロやなあ〜〜〜〜」と感動した。すごいな、ほんまにプロやった。そして、Aさんは、テレビで見ると「ふつうの人」っぽいというか、そのへんにいそうな雰囲気をかもし出しているのに、実際に会ってみると、それはもうすごいオーラでした。全然そのへんにいそうじゃなかった!!

そういうプロフェッショナルなところを見せてもらえて、仕事だけど、やれてよかったです。

追記 ↑ボケキャラの方とか、お笑いの方は基本的に当然頭のよいヒトだというのはもちろんわかってるんですが、その「プロであるところ」を目の当たりにして感動した、という話です。

GWは仕事以外には、映画を見に行こうと思ってます。
この間、「好きだ、」を見に行ってすごくよかった。大館に行きたくなりました。最近邦画が好き。今見たいのは、「かもめ食堂」「間宮兄弟」「花よりもなほ」。とりあえず「かもめ食堂」、見に行ってきます。
posted by かえで at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

チロルのきなこもち

マサムネさんがチロルのきなこもちのことを書いていた。
知らなかったとは!
私は大好きで、時々買ってます。冬季限定らしいけど、こっちじゃまだ売ってるんやけどな。で、きなこ味のほかのお菓子とかも食べてみるけど、チロルのが断然おいしい。ヒットするはずよなあ〜。

って、久しぶりの記事がチロルか・・・

今めちゃくちゃ忙しくてなかなかPCに向かえなかった。
確か去年もこの時期、全然更新してなかったような。

トリノオリンピックも終わり、原田雅彦も引退ときいて、ちょっと悲しいです。

あと・・今は「アンフェア」にはまってます。
安藤いいなあ・・・・
けど、ドラマを見ていつも思うのは、その役者さんが好きなのか、ドラマの役柄が好きなのか、よくわからないってこと。古くは「あすなろ白書」の掛居保。筒井道隆が好きなのか、掛居保が好きなのか、とよく友達と悩んだ。安藤は、雪平のことが好きな安藤だからいいような。

そして、相変わらずスピッツを聴く毎日。
posted by かえで at 23:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

クージー

クージーがスタッフ日記に久しぶりに登場!めっちゃ嬉しい。

クージーはほんとにかっこよくって、ステキやな〜。
美人さんだし。スタイルもよくって、舞台ではえる。

スタッフ日記に書いてることも、おもしろくって、粋。
しかも、スタッフ日記にアップしてくれる写真はいつもいい感じ。
クージーにもメッセージが送れるようになってたらいいのに。

それにしてもクージーが金閣寺に来てたなんてなー。



posted by かえで at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | スピッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

表現力

ここのところ、毎日忙しいのと体調のために早寝していてあんまり書けてなかったです。

ここのところ思っていたこと。というか、前から思ってたけど。
草野さんというのは、わりと淡々と歌うイメージがあって、情感たっぷりに歌うわけでなく、感情入れまくりで歌うわけでなく、独特な歌いまわしをするわけでなく、あのすばらしすぎる声を活かしてわりと素直に歌ってる、と思う。

けど、実はめちゃくちゃ表現力ありますよね。

たとえば、ローテク・ロマンティカ。あのけだるそうな歌声が「寝ぐらで昼過ぎて」って歌詞にぴったりやな〜って思う。それから、夜を駆ける。の「甘くて苦いベロの先もう一度」ってところのやばすぎる色気・・・。稲穂の切なさ。春の歌の前向きで力強い感じとか。決してメロディや歌詞から来てるだけじゃなくて、草野さんのシンガーとしての表現力やと思う。

なんか、ギター弾きながらあまり動くわけでもなく、表情がおおげさに変わるわけでもなく、淡々と歌い上げるので、思わず見過ごしそうになるけど(←私だけ?)、どの歌も草野さんの表現なくしてはあんなに魅力的な歌になってないんだろう。



posted by かえで at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | スピッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

ソナチネ

まーがバイエルを終えて、ソナチネに入った。
そして、練習曲としては「エリーゼのために」を始めます。
よくここまで・・・
ピアノの先生には「ピアノが続けられるかどうかは、子どもさんではなく、親御さんが続けられるかどうかです」と言われたものだが、ほんまにそうだなと実感しまくった5年間だった・・・けど、ここまで続けてくれて嬉しい。なんとかね。

草野さんもピアノやってたんやったかな・・

サザンの桑田さんは、自分で曲を作っても楽譜に落とせなくて、それをやってあげるのがハラボーなんやって聞いたことがあるんやけど、そういう意味でも、あの二人は必要としあってるんやなと思った。音楽ができるっていいなと思う。ギター弾けるようになりたいなー。
posted by かえで at 01:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんばれ、岡部孝信!!

札幌五輪記念、HTBカップ、連続で岡部選手が優勝した。
嬉しい・・・
岡部といえば、小柄な選手なのにフライング選手権ですっごい距離を飛んだりしてほんとにかっこよかった。それが、ルール改正で翻弄されて、とても苦労をしてきはったと思う。

私は長野五輪でジャンプに魅了されて、当時は斎藤浩哉選手のファンで、白馬や大倉山にもジャンプを見に行ったりしていた。白馬は、夏に行くと涼しくて、山がきれいで、ジャンプ台のそばでジャンプを見てるのが楽しかった。K点付近から真横に見るとか。今回の五輪代表の伊東大貴選手なんかはまだ少年だった。ジャンプは、絶対に生で見るのが一番です。最初に生で見た時、その迫力に心奪われたものです。そのスピードと「飛んでいる」姿に。K点付近から真横で見る船木選手の、体とスキーが一枚になって風を切って飛んでいく姿なんかは芸術的だった。斎藤選手や岡部選手や原田選手や宮平選手やそれぞれ特徴があって、ほんまにおもしろかったなー。生で見ると、音がすごい。踏み切る音、飛んでいく音、着地の時の音、全部聞こえてくるし。夏はジャンプ台にスプリンクラーで水がまかれているので、着地するとすごい水しぶきがあがって、太陽の光の中で見ると、とてもきれい。

斎藤選手も岡部選手もファンがたくさんいて、いっぱいプレゼントもらったりしてました。今でも毎年白馬に行きたいなーと思うけど、なかなか行けない。白馬って遠いんよな・・

で、今回の五輪代表では、岡部選手を応援してます。みんな応援するけど特に。長野から8年。またメダルをとってほしいです。
posted by かえで at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

レコーディングって・・

けど、レコーディングって、まだいきなりアルバムじゃないですよね・・?シングルかな。「変身ポーズ」とか「アカネパート2」入れてほしいな。ゴースカで聞いて一番好きやったのがその2曲。あと、「初夏の日」も嬉しいけど・・

まあ、全然新しい曲ばかりなのかもしれないし。上の3曲はいつかは、どこかで、入れて欲しいなと思います。

posted by かえで at 02:53| Comment(3) | TrackBack(0) | スピッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。